ホーム > まずは調査から!婚約指輪の基礎知識 > 既製品・オーダー・セミオーダーの違い

既製品・オーダー・セミオーダーの違い

婚約指輪は、一生に一度の大切な贈り物。後悔しないように、細部までこだわって選びたいですよね。このページでは、指輪選びで誰もが直面する「既製品にすべきか、オーダー品にすべきか」という悩みに、強力アプローチ!既製品・フルオーダー・セミオーダーの違いや、それぞれのメリットなどをご紹介します。最後にはプロによるアドバイスもあるので、参考にしてください。

既製品とオーダー品、どっちがいいの?

婚約指輪を購入したカップルに調査を行なったところ、全体の54.5%が既製品、44.3%がオーダー品を選んでいるという結果が出ています。意外なのは、オーダー品を選ぶ人の多さ。手間暇のかかるものなので、少数派かと思いきや、約半数の人に選ばれています。一生に一度の記念なので、何か思い出に残るものを、と考えている人が多いのかもしれません。

既製品とオーダー品の違いを見ながら、彼女にピッタリの婚約指輪を探していきましょう。

既製品とは

形や石などが、すでにデザインされた状態のもの。ジュエリーショップへ行った際、店頭に並べられているのが、これです。レディメイドと呼ばれることもあります。デザインは決まっていますが、刻印や宝石などの追加は可能。指にぴったりはまるよう、サイズ調整が必要になり、手元に届くまでに意外と時間がかかるので注意してください。

メリット

・実際に試着して、自分に合うか見られる
・オーダー品よりも、早く用意できる
・あらかじめ値段がわかりやすく、予算をたてやすい

手元に届くまでの期間
1週間~1ヶ月

フルオーダーとは

全く白紙の状態から、世界に1つだけの指輪をつくっていくのが、フルオーダー。ジュエリーデザイナーが希望や意見をヒアリングし、それを元にデザインを描き起こしていきます。完成するまでに多くの工程があり、最も時間がかかるものなので、フルオーダーを考えるなら、十分に余裕をもって準備しましょう。

メリット

・世界にたった1つだけの、特別な指輪がつくれる
・自分好みやこだわりを、思い切り盛り込める
・作成に時間がかかる分、思い出に残る

手元に届くまでの期間
2~3ヶ月

セミオーダーとは

リングの素材や形、宝石の種類など、いくつかのパターンを組み合わせてオーダーするのが、セミオーダー。「限られた予算の中で、宝石の大きさやリングの素材に、こだわりたい!」という人に、人気があります。フルオーダーよりはかかりませんが、完成にはそれなりに時間がかかるので、事前に計画をたてておきましょう。

メリット

・自分の予算に合わせて、オリジナルに近い指輪がつくれる
・既製品よりも、自分好みの指輪にできる
・フルオーダーよりも手軽

手元に届くまでの期間
1ヶ月~1ヶ月半

プロの総括!

特別感を出すならオーダー品に敵うものは、ないでしょう。費用が高くなると思っている方も多いようですが、実は相場は既製品とあまり変わりません。オーダーメイドの指輪を贈れば、一生ものの記念にできると思うので、じっくり考えてみてください。ただ、オーダー品は、完成までに時間を要するので、余裕をもった、早めのアクションが必要です。

また、女性の中には、自分がもらった指輪が、いくらなのかつい気になってしまう、という方もいらっしゃいます。既製品だと、値段を知られる可能性が高いので、どのくらいのものを購入すべきか、悩んでしまいませんか?オーダー品なら、世界に1つだけなので、その心配がありません。何より時間をかけてつくってくれた、というところに感動する女性は多いです。

当サイトで紹介している「エクセルコ」や「銀座ダイヤモンドシライシ」でも、フルオーダー・セミオーダーの注文ができます。セミオーダーでは、5000ピースものダイヤモンドと数百種類のデザインから、好みのものを厳選可能。コンシェルジュが丁寧にサポートしてくれるので、ジュエリーに疎い人にもおすすめです。アフターフォローもしっかりしているので、オーダー品を考える際は、ぜひチェックしてみてください。

取材協力:株式会社NEW ART

NEW ARTとは、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシの2ブランドを展開。どのブランドもダイヤモンドの質にとことんこだわり、高評価を得ています。
ダイヤモンドの美しさにこだわりたいなら、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシがおすすめです。

エクセルコ公式サイトの画像
銀座ダイヤモンドシライシ公式サイトの画像