ホーム > まずは調査から!婚約指輪の基礎知識 > ダイヤを選ぶ基準の4Cとは

ダイヤを選ぶ基準の4Cとは

婚約指輪は、人生で一度きりの贈り物。女性の憧れである、ダイヤモンドを贈ろうと考えている人も多いのでは?このページでは、ダイヤモンドの品質を決める4Cについて、詳しく解説しています。プロによるアドバイスもあるので、指輪選びの参考にしてください。

婚約指輪の定番ダイヤモンド!品質を決める4Cをチェック

4Cとは、ダイヤモンドの品質を決める4つの基準のことで、Cut(輝き)、Carat(重さ)、Clarity(透明度)、Color(色)の頭文字をとって、4Cと呼ばれています。

Cut(輝き)

ダイヤモンドの美しい輝きは、カットで決まります。ダイヤモンドの価値を決める、最も重要な要素といっても過言ではありません。4Cの中で唯一、人間の技術力が評価される部分でもあります。

プロポーション(形の比率)、ポリッシュ(カット面の磨き方)、シンメトリー(対称性の高いカットか)を総合的に判断し、最低級のPOORから最高級のEXCELLENTまで5段階で評価。また、EXCELLENTの中でも、プロポーションとシンメトリーがとくに優れたものを「H&C(ハート&キューピット)」、3項目すべてが優れているものを「3EX(トリプルエクセレント)」と呼んでいます。

お店に出されるダイヤモンドは、ほとんど「GOOD」以上のものです。

3EXプロポーション・ポリッシュ・シンメトリーすべて最高級
H&Cプロポーション・シンメトリーともに最高級
EXCELLENT最高級
VERY GOODより理想的な輝き
GOOD理想
FAIRやや劣る
POOR劣る

Carat(重さ)

石の重量が評価されるものです。カラット数が高いほど、見た目が大きくなり、その希少価値が上がります。1カラットは0.2グラム。これは、かつてダイヤモンドを測る際に利用され、カラットの語源にもなっている「カロブの豆」が、一粒0.02グラムだったからだと言われています。

カラット0.250.30.40.50.71.01.5
直径[mm]4.14.34.85.25.86.47.4

Clarity(透明度)

ダイヤモンドには、結晶化されなかった炭素や、不純物が含まれていたり、傷がついていたりすることがあり、その有無が透明度につながります。透明度が低いと、光がうまく通らなくなるので、ダイヤモンドの価値を下げることに。不純物や傷のほとんどは、肉眼で確認できない小さいものなので、10倍のルーペを使って、丁寧に評価されます。

評価のグレードは、11段階。最高ランクのFLから、最低ランクのI2まであります。

FL内部・外部ともに欠点が見られない
IF外部に微細なキズがあるが、内部に欠点が見られない
VVS110倍ルーペで内包物の発見が非常に困難
VVS2
VV110倍ルーペで内包物の発見が困難
VV2
SI1 10倍ルーペで内包物を発見できる
SI2
I1肉眼で内包物を発見できる
I2
I3

Color(色)

無色透明の宝石として知られるダイヤモンドですが、実は黄色味を帯びたものも多く存在します。黄色くなる原因は、結晶化する際、構造にゆがみが生じたり、不純物が混ざってしまうこと。ダイヤモンド特有である、虹色の輝きを放つには、やはり無色がベストです。

無色透明なものを最高ランクDとし、色味が強くなるごとにE、F、G…Zと全23段階で評価されています。 ピンクやブル―、パープルなど珍しい色の場合は、違う基準で評価されることも。

DEFGHIJKLMN~RS~Z
無色ほぼ無色わずかな黄色味非常に薄い黄色薄い黄色

プロの総括!

他の宝石にない、特別な輝きを放つダイヤモンド。昔から、女性に絶大な人気を誇る宝石です。
とくに婚約指輪を選ぶ際には、世界一硬いことが「固い絆」、無色透明さが「花嫁の純真無垢さ」を意味していると言われる、ダイヤをチョイスするのが定番。一生に一度の記念品なので、ダイヤを贈るなら、質にもこだわりたいですよね。

4Cすべて最高グレードを選ぶのがベストですが、その分お値段がはってしまいます。そこで、最低限おさえておきたいのが、カット部分です。石の輝きを最も左右する部分なので、ここはぜひEXCELLENT以上を選びたいところ。

もちろん、カラットやクラリティー、カラーも品質を決める大切な要素です。ほとんどのお店では一定基準以上のものを提供していますが、中には質の劣るものを販売しているところもあります。カットはEXCELLENT以上しか扱わない、など品質が徹底されているか、お店を選ぶときに確認してみてください。

このサイトでは、こだわりのダイヤモンドがあしらわれている、人気の婚約指輪ランキングを掲載しています。「ダイヤモンドにこだわって、婚約指輪を選びたい!」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

取材協力:株式会社NEW ART

NEW ARTとは、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシの2ブランドを展開。どのブランドもダイヤモンドの質にとことんこだわり、高評価を得ています。
ダイヤモンドの美しさにこだわりたいなら、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシがおすすめです。

エクセルコ公式サイトの画像
銀座ダイヤモンドシライシ公式サイトの画像