ホーム > 婚約指輪購入時の注意点とは

婚約指輪購入時の注意点とは

指輪購入時の注意点をご紹介。デザインだけでなく、気を付けておきたい注意点5つを載せています。文句の付けどころがない婚約指輪を贈り、彼女と幸せな未来を掴んでいきましょう。

婚約指輪購入の際の注意点を5つ紹介

婚約指輪の購入は、決して安くない買い物です。思わぬ落とし穴に落ちることがないように、注意点を5つ紹介します。

1.実際にショップに行って現物を確認する

最近はインターネットでの注文もよく聞く話ですが、写真で見た指輪と実物が違っていたトラブルは後を絶ちません。
これは粗悪品を掴まれたわけではなく、イメージと違ったとガッカリしてしまうことが原因です。ショップだと、ダイヤモンドの大きさや台座とのバランスについて、プロの目線からアドバイスを貰うことができます。
彼女の好みをお伝えすると、いくつか候補をピックアップしてくれるのも嬉しいところ。こんなはずじゃなかったと思わないためにも、婚約指輪はショップ購入がおすすめです。

2.予算をしっかりと決める

何となくの見積もりで予算を決めてしまうと、婚約指輪の購入のみで刻印やストーンの追加などのオプションを付けられない可能性が出てきます。
値段の予測が付かず、見積もりが出せない方は、ショップに立ち寄ってプロのアドバイスを元に予算を決めましょう。

3.彼女のライフワークに合った婚約指輪を選択する

彼女のライフワークに合わせた婚約指輪が選択できなければ、普段使いが難しいとタンスの肥やしになってしまう恐れがあります。
普段使いして欲しいと思うなら、絶対に抑えておきたい部分なので、彼女をしっかりと観察しましょう。 職業によってもデザインは大きく変わってきます。例えば手袋をはめる研究職や女医の場合、立て爪デザインだと、引っかかることが多く不便に思う可能性が大。接客業なら、ダイヤモンドは大ぶりの方が見栄えが良くていいといったそれぞれに合ったデザインがあるので、普段使いのイメージを固めておきましょう。

4.サイズの変更がきく婚約指輪か調べる

婚約指輪購入時にピッタリでも、年月が経つうちに、相手の指のサイズが変わることは珍しくありません。指輪を購入したショップに持っていくと、サイズ直しをしてくれるのですが、注意点があります。 それはサイズ変更が難しい指輪があることです。
一般的にサイズ変更が難しい指輪として、パヴェや細かな装飾がされたメレなどが挙げられます。デザインが複雑だとそれだけサイズ変更が難しく、中にはサイズ直しができない場合があります。 目先のことにこだわるだけでなく、長年使うことを念頭に置いて婚約指輪は選ぶ必要があります。

5.金属アレルギーの有無

彼女に金属アレルギーがあるかどうか、事前に確認しておきましょう。ないと彼女が答えても、安心するのはまだ早いです。肌の弱い女性は素材によってはかゆくなったり、赤くなったりしてしまうこともあります。
そんな事態を避けたいなら、彼女に贈る婚約指輪は、金属アレルギーが起こしにくいとされているプラチナを選択しましょう。

男性の決意を形にしてくれる婚約指輪。大切に想っていることを伝えるためにも、彼女を第一に考えて婚約指輪は購入することをおすすめします。

取材協力:株式会社NEW ART

NEW ARTとは、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシの2ブランドを展開。どのブランドもダイヤモンドの質にとことんこだわり、高評価を得ています。
ダイヤモンドの美しさにこだわりたいなら、エクセルコ・銀座ダイヤモンドシライシがおすすめです。

エクセルコ公式サイトの画像
銀座ダイヤモンドシライシ公式サイトの画像